読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり30cmは最高だぜ!

くまたん(飼い主)とハムスターのホーリーが生意気にも水草水槽にチャレンジしています。

#29 たかちん木霊がきたよ。シーズン1

f:id:kumaqua:20140122195408j:plain

「昨日の記事でもお騒がせを継続させてしまいました」

「くまたんwith『シャア専用ピンクつんつんspベトナムへGO!』です」

 f:id:kumaqua:20140122195306j:plain

「意味分からないよ!例の赤系の水草ね」

「せっかくロタラ系ってことで落ち着いたのに…」

「どうも、ホーリーです」

 f:id:kumaqua:20140122195030j:plain

「せっかく皆さんが名づけてくれた思いを無駄にはできず…」

「これからはマジでそう呼んで成長を見守ろうと思います」

 f:id:kumaqua:20140122195306j:plain

「いちいち長いけどねえ」

 f:id:kumaqua:20140122195030j:plain

「なので呼ぶ時は『シャア』って略します」

 f:id:kumaqua:20140113221038g:plain

「絶対1週間後にフルネーム忘れてるパターンだね」

 

f:id:kumaqua:20140122194643j:plain

「それはそうと、今日は郵便受けにこんなものが届いたよ」

 

f:id:kumaqua:20140128192200j:plain

f:id:kumaqua:20140103230644g:plain

「お!これはゴルオさん宅からやってきた待望の…」

 f:id:kumaqua:20140101023701j:plain

「そう!たかちん木霊。ちゃんと漢字で書いたよ」

f:id:kumaqua:20131227001824g:plain

「何か下ネタ好きブログみたいになってたから、ささやかな抵抗だね」

「でも、木霊以外にもいっぱい入ってるねえ」

f:id:kumaqua:20131227002137j:plain

「付録の方が多そうだ」

「さあ、さっそく開けてみよう!」

f:id:kumaqua:20131227002514g:plain

「あれ?何か付箋がついてるよ!」

f:id:kumaqua:20140101023701j:plain

 「気にせず開けちゃう~!」

 

と言って、くまたんが包装のプチプチにハサミを入れた瞬間、

突然部屋が真っ暗になり、くまたんとホーリーに稲妻が走ったのです。

 

f:id:kumaqua:20140103230733j:plain f:id:kumaqua:20131227003951g:plain

「うわあああ」「ひえええええっ」

 

気がつくと、二人はまた実体化しておりました。

 f:id:kumaqua:20140129162626j:plain

 

f:id:kumaqua:20140122195408j:plain

「ありゃ?ホーリー、ここはどこだろうね?」

 f:id:kumaqua:20140113221038g:plain

「うーん、何だか嫌な予感がするなあ…」

 f:id:kumaqua:20140122194643j:plain

「ちょうどいいや、あそこにいるヤンキーに聞いてみよう」

 f:id:kumaqua:20140122194737j:plain

「なぜあえてヤンキーを選ぶ」

 f:id:kumaqua:20140122194643j:plain

「おーい、チミチミ~」

 f:id:kumaqua:20140122194737j:plain

「絶対一発でシバかれる絡み方だね」

 

f:id:kumaqua:20140129162802j:plain

「ん?オラのこと呼んだか、おめえら」

 

ふり返った少年は、おそらく日本人なら誰もが知ってる有名な宇宙人…

 

f:id:kumaqua:20140122194818j:plain

「おお!あ、あんたはスーパーサ、サ…」

謎の金髪 

「そうだ。スーパーサイアミーズフライングフォックス人だ」

f:id:kumaqua:20140122195142j:plain

「長ぇわ!!サイヤ人だろ!」

 

f:id:kumaqua:20140122195030j:plain

「お腰につけたキビ団子、一つ私にくださいな」

 f:id:kumaqua:20140122194953j:plain

「犬畜生か!!じゃなくて、背中にいるのは、もしかして?」

 謎の少年

「ああ、こいつか。トトロタラっていうんだ」

「耳を失くしたってんで、今から神龍呼び出して耳を復元してやんだ」

 f:id:kumaqua:20140122195142j:plain

「どんな願い事だよ!」

謎の少年

「おめえらも手伝え」

f:id:kumaqua:20140122195408j:plain

「え~ノーギャラ?」

「何かめんどくさい」

謎の少年

「後でチチの飯、食わせてやっからよ!」

f:id:kumaqua:20140122195636j:plain

「え~!!チチ、くわえさせてくれる!?」

f:id:kumaqua:20140122195952j:plain

「都合良く勘違いしたね!」

 

謎の少年

「決まりだな、一緒に祈ってくれ」

f:id:kumaqua:20140122200241j:plain

ドラゴンボール見るの初めてだあ!」

謎の少年

「そっか、じゃあよく見てろよ。ここにドラゴンボールが・・・」

・・・

・・・・・・

「・・・な!な!ないっ!!」

 

 

 

 

f:id:kumaqua:20140122195142j:plainf:id:kumaqua:20140122195408j:plain

「えええええ~っ」

 

はたして悟○?はドラゴンボールをどこへやってしまったのか!?

中編へ続く・・・